しめやかに葬式をしたいなら家族葬がベスト

お鈴
合掌

新興住宅地で故人を送る

生駒は新興住宅地として発展してきたため、葬式のプランは選択肢が多いですし、故人の故郷に基づく形式で行うことも可能です。生駒の遠くで暮らす親戚や友人にスムーズに連絡できるか、料金はいくらか、業者に具体的な葬式の手順を相談できるかといった点に留意しましょう。

埼玉県の葬儀形態

花

埼玉県の葬儀形態

葬儀形態というのは、地域によって大きく異なります。さいたま市の場合、都市部と農村部とでは、葬儀の行い方やマナーが違います。さいたま市の農村部においては、近隣の住民が1つのグループになって、地域の葬儀に参加する「隣組」などの組織があります。しかしながら、さいたま市の都市部においては、そのような組織はほとんど見られません。葬式に限らず、冠婚葬祭などの行事には、「地域柄」が強く反映されるのです。これはさいたま市に限らず、あらゆる地域についても言えることですが、近年では、いわゆる「昔ながらの葬式」を行う人の数は減少傾向にあります。家族葬などの増加によって、葬式に参加する人の数は右肩下がりで推移しています。とくに首都圏においてその傾向は顕著であり、2015年、2016年と連続で、参列者が20人未満の葬式の割合が50パーセントを超えています。「身内だけでつつましく行う葬式」が都市部の主流になっているのです。ただ、家族葬にしても昔ながらの葬式にしても、「業者に依頼して葬式を行う」というスタイルは変わりません。もちろん、中には、業者に依頼しないで家族葬を行う人もいますが、そのような人は少数派です。葬式の表層は変わっても、葬式の深層はほとんど変わっていないのです。家族葬を業者に依頼する人の主目的は、「葬式の合理化と簡素化」にあります。細々とした雑事に煩わされることなく故人をゆっくりと弔うことができるのは、なにものにも代えがたい大きなメリットです。

線香立て

費用を抑えた葬儀ができる

一般葬による葬儀が主流ですが、経済的な理由で費用を抑えた葬儀をしたい人が増えています。柏原の葬儀社では、家族葬による葬儀を行っており、追加料金も発生しないので、安心して依頼できます。丁寧に祭壇を組んだり、僧侶による読経を行うため、心のこもった葬儀ができます。

葬儀

葬式に関する情報

四條畷市で知られている家族葬は、親族のみが参列するのが基本であるので、日程などが自由に決められる利点があります。それと同時に、少人数で実施されるケースがあるので、葬儀における費用を安く抑えることができるようになります。