しめやかに葬式をしたいなら家族葬がベスト

レディ
  1. Home
  2. 新興住宅地で故人を送る

新興住宅地で故人を送る

合掌

土地柄よりも家族の歴史

生駒は山のふもとの門前町として発展しましたが、現在は大規模な新興住宅地としての性質が強くなっています。そのため葬式に関する風習も一様ではなく、生駒では土地柄よりも、家庭内のしきたりを重視した葬式が行われることが多くなっています。故人の出身地に基づいて葬式をするという意味ですが、生駒では多種多様な形式の葬式を行えますから、選択肢に困ることはありません。ただ、生駒から離れた地域で暮らす親戚や友人が多い場合は、全員収容できる葬式の会場を準備できるか、スムーズに連絡できるかという点に留意しましょう。具体的な形式についてですが、前述のように生駒は全国から人が集まる地域のため、葬式のプランも自由に選択できます。数百人規模となる大規模な葬式は100万円以上必要となりますが、参列者が約50人の家族葬は50万円前後が相場です。参列者が10人以内で、故人の意向でできるだけ簡素にしたいという場合は、合掌と納骨が中心の葬式プランもあります。そして、本格的に行うかそれとも簡潔なものにするかを問わず、葬式を行ってくれる事業者に正しく意向を伝えておくことが非常に重要です。何度も繰り返すように生駒は新興住宅地ですが、土地に根ざした形式も存在しますから、故人の故郷に沿った形式で行ってほしいと要望を出さなければなりません。骨壷の大きさや祭壇の配置なども含めて、具体的な葬式の手順を、納得できるまで事前に打ち合わせしておいてください。